Web会議で使うWebRTC | Web会議/テレビ会議(TV会議) SOBA ミエルカ・クラウド

WebRTC対応のWeb会議

WebRTCとは何なのか

WebRTC

近年、ビジュアルコミュニケーション界隈で、盛り上がりを見せているのが「WebRTC」という技術です。HTML5の登場から、じわじわと有用性について語られてきました。またWebRTCを利用したサービスも数多く存在します。


映像や音声の通信を行う技術は他にもありますが、何故WebRTCが注目されているのか。そして何が優れているのか。

WebRTCで出来ること

WebRTCはWeb RealTime Communicationの略称で、データ通信をより高速に、簡単に行うことを目的に開発されました。

高品質な映像や音声は、当然データ容量が大きくなります。大きな容量を扱うには、それに対応した仕組みが必要です。

通信プロトコルには、UDP(オンラインゲームなど、大量のデータを送受信するために利用される)を採用しています。よりリアルなコミュニケーションを行うためには、高品質な映像や音声のやり取りが必要となるためです。


また、今までビデオチャットやWeb会議を利用する場合、専用のアプリケーションやプラグインを必要としましたが、WebRTCでは不要です(一部のブラウザでは、プラグインが必要な場合もあります)。

例えばWebRTCを利用したビデオチャットのサイトにアクセスすると、下準備なく遠隔地と映像と音声でコミュニケーションをとることができます。

WebRTCってP2Pの技術?

WebRTC

Web会議の通信方式は主に2種類あり、サーバーを経由する「サーバー/クライアント方式」と直接相手と繋がる「P2P方式」があります。


サーバー/クライアント方式では、サーバーを経由することにより通信の暗号化や、データ容量の圧縮などを経て相手と通信を行います。


P2P方式では、サーバー等の経由はせず直接相手と繋がることができます。(厳密には、相手と直接繋がるためのサーバーを経由するのですが、ここでは省略します)


WebRTCではP2P方式が採用されています。相手と繋がる最適な処理を行い、尚且つ大量のデータを送信することが可能です。

(P2Pと聞くと、ファイル共有ソフト等の評判で、セキュリティ面に問題があると考えられがちですが、WebRTCはデフォルトで通信の暗号化がされています。)

WebRTC対応のWeb会議はどこがすごいのか

かなり簡単にですが、上記でWebRTCの概要を説明しました。それではWebRTC対応のWeb会議を利用することで、どんなメリットがあるのでしょうか。

Web会議利用での音声遅延の問題から開放される

従来のWeb会議で、音声遅延は切っても切れない関係がありました。上記の項目「WebRTCで出来ること」でもお伝えしましたが、通信プロトコルによる問題があり、 パケットロス(通信データが欠損してしまうこと)が発生すると、データを取り戻そうとする仕組みが働き、結果音声遅延が発生していました。


WebRTCでは多少のパケットロスを許容していますので、影響を受けず遅延の少ないWeb会議を行うことができます。

プラグイン不要のWeb会議

Web会議が世の中に出始めたころは、Windowsアプリケーションを利用するものが主流でした。その後、InternetExploreやGoogleChromeといったブラウザ上で利用できるWeb会議 が続々と登場しました。


しかし、ブラウザ上で作動するWeb会議であっても、外部プラグインが必要な場合が多くセキュリティの観点から採用できない企業も少なからず存在しました。

WebRTCはプラグイン不要で映像・音声の通信を実現するため、アプリケーションや外部プラグインをインストールできない場合でもWeb会議を使用することができます

現段階で最高レベルの音質を持つコーデックを採用

WebRTC

WebRTCで採用されているコーデックはOpusです。Opusは低ビットレートでも、優れた音質を実現することができます。 96kbpsのOpusで再生されたファイルとオリジナルを聞き比べてみた結果、違いがほとんどありませんでした。

Web会議では映像以上に音声の品質が重要です。映像がなくても会議はできますが、音声なしでの会議はありえません。

これからのWebRTCを利用したWeb会議はどうなっていくのか

WebRTCは当初GoogleChromeやFirefoxなど、限られた範囲でしか利用できませんでした。しかし、Appleが2017年秋にSafariに対応(つまり、iPhoneでも専用アプリを インストールすることなく利用できるようになる)することを発表するなど、流れはWebRTCを後押ししているように思えます。


利用手段が増えることで、更にWebRTC対応のWeb会議が活用されるようになっていきそうです。今後ますます、WebRTCの動向に注目していこうと思います。

PAGE TOP