Web会議で経費削減
Web会議入門

Web会議システムは利便性が高いだけでなく、大幅な経費削減を実現することができます。そこで、ここでは具体的にどのような経費を削減できるのかを紹介していきたいと思います。

PRまずは体験!30日間無料トライアルのWeb会議システムのSOBAミエルカ・クラウド

1. 企業の会議コストを大幅に削減

 

Web会議システムを導入すれば、経費を大幅にダウンさせることが可能です。


  • ・開催費用
  • ・交通費
  • ・宿泊費

全国各地に支店を設けている一部企業では、月に数回本社にメンバーを集めて会議をおこなうこともあるかと思います。例えば本社が東京で、全国に支店が6つあると仮定し、会議に参加するメンバーは各支店で2名だとします。すると必然的に6×2の12名分の交通費(新幹線代、飛行機代など)、宿泊代が最低でもかかります。月2回と考えても1年でかなりの経費がかかります。


また、本社に出向かなくてはならない社員も、移動時間が無くなることから時間を有効活用できるため、仕事効率がアップするでしょう。

2. セミナーや研修にかかる経費を大幅に削減

大人数を集めてのセミナーや研修にはさまざまな経費がかかります。会場コストや資料コスト、人件費の他、ちょっとした軽食費用や飲み物費用などがかかる場合もあります。

そんなセミナーや研修にWeb会議システムを利用すれば、会場コストや資料コストなどがかからないため、大幅に経費を削減することが可能です。

Web会議システムを導入して、実際に年間1,000万円以上もの経費削減を実現した企業もあります。やはり一番経費が掛かっているのが『会議費用』です。本社会議のための交通費・旅費が2,000万円も掛かっていた企業が、Web会議システムを導入した途端、700万円程度になったそうです。つまり、Web会議システムを導入したことにより、これまでの3分の1にまで経費削減が実現したことになります。特に頻繁に会議おこな行う企業にとって、会議費用は頭を悩ませるものの一つではないでしょうか。それを解消できるのがWeb会議システムなのです。

cable

また、Web会議システムを導入すれば、人件費も削減することが可能です。会社に出勤して仕事をこなす社員を最低限用意し、在宅ワーカーに仕事を依頼すれば大幅な人件費削減をすることが可能です。現在数多くのIT企業が在宅ワーカーに仕事を依頼して人件費削減をおこなっています。在宅ワーカーとの連絡手段として選ばれているのがWeb会議システムです。お互いの顔を見ながら話ができて、なおかつ資料や映像・画像も共有しながら仕事の打ち合わせができるため、利用価値が高いと思います。

PRまずは体験!30日間無料トライアルのWeb会議システムのSOBAミエルカ・クラウド

PAGE TOP