WebRTC対応

ミエルカ・クラウドは、従来型とWebRTC対応の2種類の会議室を選択して利用できるようになりました。「WebRTC対応」Web会議室は通信が軽く、映像が滑らかで音声遅延も少ないのが特徴です。(PC環境により差があります)
なお「WebRTC対応」機能の利用料金は基本月額料金に含まれます。

主な機能と特長

  • ヘッドセットを利用せずにWeb会議が可能
  • 通信が軽く、映像が滑らかで音声遅延が少ない
  • 高画質での多人数参加が可能
  • Flashを利用しない
  • インターネットブラウザ「Chrome」でのみ利用可能

「WebRTC対応」の利用はログイン後の会議室メニューから「WebRTC対応」・「Flash対応」(従来型)の2種類から選択して会議室を作成します。スライド共有やチャットなど他の機能はどちらの会議室でも従来通り利用できます。

WebRTCとは

WebRTC(ウェブアールティーシー、Web Real-Time Communication)は、パソコンやスマートフォンのブラウザ上で1対1を基本として映像音声などのデータ通信を実現する最新技術として注目されており、今後ビジュアルコミュニケーション開発の主流になると言われています。
利用者のウェブブラウザ同士で直接通信し、ブラウザ以外のプラグインが不要なうえデータがサーバを介さないため通信が軽く、映像や音声が安定している優れた技術です。

2種類の選択で用途に広がり

企業や団体等の組織ではシステム管理上、Adobe Flashプレイヤー(以下 Flash)の使用を制限する企業が最近増えています。
Flashは動画などを扱うソフトウエアの1種で、ミエルカ・クラウドの従来型では同ソフトウエアを使用します。Flashなど他のプラグインを一切使用しないWebRTC対応の会議室をミエルカ・クラウドで新たに提供することで、幅広い用途でご利用いただけるようになりました。

※ 参加者全員が使用する会議室タイプ(WebRTC対応・Flash)の動作環境に沿って参加する必要があり、異なった環境が混在して使用することはできません。)

利用方法

問い合わせフォームかお電話、ライブチャット等でお問い合わせ下さい。

PAGE TOP