導入事例

ミエルカクラウド・mierukaを利用されている企業を紹介します。
導入事例をヒントにミエルカクラウドをご活用下さい。

情報・通信業
グーグル株式会社
「Google Developer Day 2010 Japan」
セミナー
「Google Developer Day 2010 Japan」のイベント(主催:Google、協賛:株式会社SOBAプロジェクト、UQコミュニケーションズ株式会社)で、同年3月11日のイベントに続いて、東京メイン会場(東京国際フォーラム)と京都サテライト会場(京都リサーチパーク)をつなぐ中継システムとして、SOBA mierukaをご利用いただきました。京都では200名以上が参加しました。

情報・通信業
グーグル株式会社
「Google DevFest 2010 Japan」
セミナー
「Google DevFest 2010 Japan」のイベント(主催:Google、協賛:株式会社SOBAプロジェクト、UQコミュニケーションズ株式会社)で、セミナー会場間の中継に SOBA mieruka をご利用いただきました。 メイン会場となるベルサール汐留とサテライト会場である京都リサーチパーク(参加者約100名)の2拠点間をつなぎ、国内外のエンジニアや開発者コミュニティによる講演やセミナーを通じて、最新の技術等について活発な交流が行われました。 ※「基調講演: Google DevFest 2010 Japan」ビデオ(43:57)では、途中東京会場からの呼びかけに対して、京都会場からSOBA mierukaで応答している様子(37:00~39:00の2分程)がご覧になれます。

機械工具商社
三共精機株式会社
会議
「京都・滋賀・岡山の3拠点をつないで毎朝の朝礼や社内企画会議等で利用しています。集まってやる会議は、集まってやる。顔を合わせ話し合うことに勝るものはありません。“会う”と “会わない”間のコミュニケーションを創出し常日頃から育んでゆく・・・この“0.5のコミュニケーション”が今までにない社内の活性化を生み、何か新しい価値創造のきっかけになる。導入の目的は、コスト削減というよりは投資、と考えています。」(役員様談)
詳しく見る

NPO法人
公益財団法人日本宇宙少年団
「宇宙交信イベント」
イベント
日本宇宙少年団(YAC)主催の宇宙交信イベントに、2011年、2012年と2年にわたりSOBA mieruka をご利用いただきました。 このイベントは国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在する日本人宇宙飛行士と日本国内数か所の各会場に集まった子供たちが直接交信・会話し、宇宙のホンモノを身近に感じてもらう教育イベントです。 NASAからの映像が筑波宇宙センター(JAXA)に届き、そのJAXAと国内3~4 会場間をSOBA mierukaで中継しましたが、限られた交信時間の中、ほんの数秒のタイムラグだけで、高品質な映像と音声でスムーズに交流することができ、イベントは大成功でした。

高等学校
長崎県立鳴滝高等学校通信制課程
教育
同校は「魅力ある学校づくり e-Learning」をテーマに掲げて、遠隔スクーリングを行うために SOBA mieruka サービスをご活用いただきました。 同校が所在する地域は離島や半島などの地理的特性を有しているため、スクーリングが容易ではない環境下であることから通信制による学習機会を確保するひとつの手段として遠隔講義システムの効果的な利用に関する取り組みと研究が進められています。 心身ともに逞しい人物を育成するためには生徒と先生との間の細やかなコミュニケーションと指導が重要ですが、これを実現する手段として SOBA mieruka サービスが有する双方向のコミュニケーションを支援する豊富なソフトウェアツールに着目いただきました。本サービスをお使いいただくことで遠く離れた複数の教室を互いに結び、実際に授業が実施され、遠隔スクーリングのためのビジュアルコミュニケーションを体験されました。 現在も継続し、遠隔スクーリングを活用した学習指導等についてご検討されています。

Webサービス開発・販売
株式会社アルケアルコ
会議
「東京に打ち合わせのため定期的に出張しましたが、私自身の出張回数自体は減らせませんでしたが、同行者の人数は減らせました。私が一人東京へ赴き、他の開発メンバーには、京都に残り作業しながら打ち合わせの内容を聞いておいて…というようなことができましたから。 開発業務が多忙を極めていましたので、帰社しあらためて議事録を作成し報告をしなくとも、メンバーにダイレクトに情報伝達・共有ができるのは便利です。」
詳しく見る
コンピューターシステム
オムロン フィールドエンジニアリング株式会社 SSBサポート事業部
会議
「SOBA mierukaの導入は、SOBAの技術への期待と信頼の高さから、というのが大きな理由です。SOBA mierukaの利点と感じるのは、完全定額制なので、つなぎっ放しで気軽に遠隔地とのやりとりができること、高解像度の映像で画面サイズが拡大できるので、臨場感があること。 営業・保守拠点と開発・製造拠点である草津事業所(滋賀県草津市)とは、オフィスロケーションが離れています。テレビ会議で常時オフィスをつなぎ、遠く離れた相手の顔が見える環境をつくっておくことで、心理的な距離が縮まりコミュニケーションの活性化につながるし、業務の効率化にも効果がある、と考えています。」
詳しく見る

PAGE TOP