ミエルカ・クラウドの音声認識機能活用法

ミエルカ・クラウドには便利で優秀な機能が豊富に搭載されています。
その中の一つ『音声認識機能』は、会議への参加者が話す言葉を自動的に音声認識しテキスト化するものです。


参加者全員の音声を認識しテキスト化するため、声を聞き逃してもテキストを読めば会議の内容を把握することができます。


web会議において参加者が多ければ多いだけ、参加者の言葉全部を覚えるのは中々大変なものです。


音声認識機能を使用すれば、会議終了後に内容を整えることができるのでとても便利です。


また、音声認識機能は発言者の名前が表示される仕組みになっているため、誰がどのような発言をしたのかもきちんと把握することができます。

web会議でなく、一般的な会議室での会議においても、参加者が多ければ多いだけ声を聞き逃してしまうことがあります。


きちんと聞いていたとしても、発言者の多い会議において全てを覚えるのは中々難しいものです。


会議室での会議の場合、議事録が作成される事もあるのですが、それはやはり人の手によるもの。


しかし、web会議システム「ミエルカ・クラウド」の音声認識機能を利用すれば、自動的に議事録として利用することが可能です。


仮にweb会議に参加できなかったとしても、テキスト化されたものを読めば会議の内容を把握することができます。


この音声認識機能の利用料金は、無料です。


追加料金一切なしで利用頂くことが可能となっています。

~音声認識機能の活用法~

◎web会議議事録として
一言一句聞き逃すのとのできないweb会議や、他社とのオンライン商談の際に、誰がどのような発言をしたのかテキスト化して保存しておくことが可能です。
特に他社とのオンライン商談の際にこの機能を利用することで「言った、言わない」といったトラブルを防ぐことができます。

◎お客さま対応トラブルを未然に防ぐ
web会議を利用してお客さまへの対応をする際に、この機能を利用すればトラブルを回避することができます。
時にお客さまとのやりとりの中で相違が生じることもあります。
そういった場合にどのような対応をしたのか履歴をテキスト化しておけば、後々に見直すこともできます。

◎在宅勤務者との連絡ミスを防ぐ
在宅勤務者への伝達、連絡において、音声認識機能を利用しテキスト化しておけば、伝え忘れた事や間違って伝えてしまった事をすぐに把握し、訂正することができるでしょう。

◎人材教育のために
音声認識機能を使えば、あとから見返すことが可能となります。
会議進行やセミナー講師の見本として、テキスト化したものを新人教育の資料の一つで使用するのも良いでしょう。
また、web会議を使った営業をおこなっている会社も同様に、上手な営業マンの話の仕方をトークスクリプトとして作成することができます。

web会議はミエルカ・クラウド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする