フリーダイヤル
無料トライアル 資料請求
 

web会議システムに必要な帯域

lgi01a201411232300

ネットワークの帯域とは通信速度のことです。
情報データを一度にどの程度送ることができるかを示すにあたり「帯域」との言葉が使用されています。

帯域が広ければ広いほどデータ転送の効率が良くなります。
ご利用をご検討されるお客様から「web会議システムにおいて必要な帯域とは
どの程度のものなのか」との質問をよくお受けします。


そこで、ここでは当社SOBAプロジェクトのweb会議システム『ミエルカ・クラウド』で必要なネットワーク音域について説明させて頂きます。

必要なネットワーク帯域は基本的に、映像や音声の配信などそれぞれ解像度によって異なります。

仮に低画質だった場合、web会議システムにおいて必要な帯域は一人あたり約130kbpsです。

標準画質であれば、一人あたり約400kbpsが必要です。
あくまで一人あたりの帯域ですので、それに利用される人数分をかけることで必要な帯域が分かります。

例えば5人で利用される場合は、低画質の場合130kbps×5人で650kbps必要です。

標準画質の場合は400kbps×5人で2,000kbps必要になります。

当社のweb会議システム『ミエルカ・クラウド』は、基本的に標準画質にてご提供させて頂いております。

しかし、高画質を利用したいという場合や、帯域を広げてほしいというご要望がある際は、当社までご連絡頂ければ設定を変更させて頂きます。

帯域が不足している場合に考えられるのが、映像の乱れや音声の途切れです。
必要な回線速度・帯域を確保できていないなどといった症状を起こしてしまいます。

ただ帯域不足だけの問題でなく、プロバイダーやご利用中の回線が混雑状態になっていることにより起こることもあります。

以下の状況になった場合は、当社まで一度ご連絡ください。

・回線速度が非常に遅い
・映像が表示されない
・web会議中に切断されてしまう
・相手の映像が表示されない
・音声が相手に届かないまたは相手の音声が届かない

当社では安心のとことんサポートをおこなっております。
導入前から導入後まで何度でも無料でサポートされて頂いておりますので、安心してご利用頂けます。

また、『つながり保証』で会議が繋がるまでをサポートしており、仮に1ヶ月間一度もご使用頂けなかった場合は、全額返金させて頂いております。
初めてweb会議システムをご利用頂く場合、帯域をはじめ、さまざまなご質問があるかと思います。


専門スタッフがお客様の疑問・質問に丁寧にお答えしておりますので、少しでも不安なことがあれば当社までご連絡下さい。

web会議はミエルカ・クラウド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする