フリーダイヤル
無料トライアル 資料請求
 

web会議システムのセキュリティの重要性

frreee0I9A9493_TP_V

大小関係なく、企業というものはさまざまなセキュリティリスクにさらされているものです。

例えば、企業内秘の資料などがパソコン(インターネット)を通じて、外に漏れてしまったという話しはよく耳にします。

多くの企業がウィルス対策ソフトを中心にセキュリティ面に力を入れていると思いますが、その隙をついた巧妙な犯罪が多発しているのです。

情報が漏れてしまったがために会社経営の危機に陥ってしまった場合、もしくはそこまでに至らなくとも大きな損害となってしまったらと考えると本当に怖いです。

だからこそ、万全のセキュリティ体制を整えなくてはならないと思います。

インターネットは日本だけでなく、世界中のサーバーと繋がっています。
不特定多数の人数がそれを利用してデータなどのやりとりをしています。
世界中にはいろいろな人がいるので、正しい使い方をしている人だけでなく、悪意を持っている人もたくさんいます。

そんな悪意を持った第三者に情報が狙われてしまったら本当に大変なことになってしまいます。

また、使い方を誤って自ら情報を漏らしてしまうなんてことも考えられます。
どんなに注意を払っていたとしてもそれだけでは不十分です。
だからこそ、セキュリティが必要になるのです。

それはweb会議システムも同じです。
さまざまな重要事項を話し合うことにも利用されているweb会議システムにも、当然高いセキュリティが求められています。

勝手にログインされて、web会議の内容を全て聞かれていたら大問題です。
だからこそ、より一層強靭なセキュリティが求められているのです。
現在web会議システムの導入を検討している企業の中には、そういったセキュリティ面がネックになっているところもあるようです。


web会議システムはとても利便性が高いのは知っているけれど、情報漏洩の被害に遭うのは避けたいと考えているためです。
確かにweb会議システムの中にはセキュリティ面が不安なものもあります。

web会議自体をインターネットから隔離する方法もあるのですが、それではかなりの費用が掛かってしまいます。

コストをかけずにセキュリティ対策をと考えるのであれば、最初から万全のセキュリティ体制が整っているweb会議システムを選ぶべきなのではないでしょうか。

では一体どのようなセキュリティ体制が整っているものが良いのかというと、やはり一番おすすめなのが『暗号化技術』を用いたものです。

それならば、会議の内容やデータを全て暗号化してしまうので、外部からの攻撃を大幅に軽減することが可能です。

次回はミエルカ・クラウドのセキュリティについてご紹介いたします。

web会議はミエルカ・クラウド

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする