フリーダイヤル
無料トライアル 資料請求
 
web会議システムに必要な帯域

web会議システムに必要な帯域

Web会議では映像のやり取りを行いますので、ある程度の帯域が必要となります。必要な帯域を下回ってしまいますと、映像が固まったり、やり取りができなくなったりすることがありますので、どれだけ帯域が必要なのかを知っておく必要があります。帯域は無料で測定することも可能です。

セミナー機能を使った社内研修

セミナー機能を使った社内研修

web会議システム『ミエルカ・クラウド』に新たな機能が加わりました。 それが『セミナーモード機能』です。 web会議「ミエルカ・クラウド」ではライブ配信ができる「セミナーモード」機能があります。Web会議の他にこのセミナーモード機能を使用することで、社長挨拶や社内向け研修、ウェビナー等活躍の幅が広がります。新入社員が入社したり、新たなサービスなどを導入する際に行われる社内研修は会社にとって重要なものです。

ミエルカ・クラウドのセキュリティ設計

ミエルカ・クラウドのセキュリティ設計

Web会議「ミエルカ・クラウド」は現在までセキュリティ事故0の実績を誇っています。お客様の情報を守るために高度なセキュリティ設計を採用しています。ミエルカ・クラウドのセキュリティは、SSL(256bit)で暗号化されているので、とても安全です。そのため、データの流出の心配が一切ありません。

web会議システムのセキュリティの重要性

web会議システムのセキュリティの重要性

現在web会議システムの導入を検討している企業の中には、そういったセキュリティ面がネックになっているところもあるようです。web会議システムはとても利便性が高いのは知っているけれど、情報漏洩の被害に遭うのは避けたいと考えているためです。コストをかけずにセキュリティ対策をと考えるのであれば、最初から万全のセキュリティ体制が整っているweb会議システムを選ぶべきなのではないでしょうか。

SOBA Live for セミナーにおける「文字字幕機能」を4月3日提供開始

SOBA Live for セミナーにおける「文字字幕機能」を4月3日提供開始

Web会議システムを開発販売する株式会社SOBAプロジェクト(本社:京都市、代表取締役 乾 和志)は、株式会社アイセック・ジャパン(本社:沖縄県うるま市 代表取締役 一瀬 宗也)と業務提携し、当社ライブセミナー配信システム「SOBA Live for セミナー」において、専門のオペレータが文字入力を行う「文字字幕機能」を2017年4月3日にリリースします。生放送のウェブセミナーでもテレビの文字放送同様に、講師の声や会話をリアルタイムで文字表示することができます。

Web会議で議事録も簡単作成 SOBAミエルカ・クラウドにおける「音声認識機能」を3月10日提供開始

Web会議で議事録も簡単作成 SOBAミエルカ・クラウドにおける「音声認識機能」を3月10日提供開始

Web会議システムを開発販売する株式会社SOBAプロジェクト(本社:京都市、代表取締役 乾 和志)は、当社のWeb会議システム「SOBAミエルカ・クラウド」において、会議への参加者が喋る言葉を自動的に音声認識してテキスト化する機能を、2017年3月10日にリリースします。

ミエルカ・クラウドを使ったユーザーサポート

ミエルカ・クラウドを使ったユーザーサポート

当社ではweb会議システム『ミエルカ・クラウド』を使ったユーザーサポートを推奨しております。例えば、自社商品を購入されたお客様やサービスを契約されているお客様に対し、web会議を使用して情報を配信することが可能です。商品の便利な使い方をはじめ、新商品の紹介、サービスや機能の説明、新サービス導入のお知らせなどを配信することが可能です。web会議の招待メールを顧客に送ることで、リアルタイムでユーザーサポートをすることが可能です。